住宅を購入する時の大事なチェックポイント

中古の一戸建て住宅を購入する場合、確認すべきポイントがあります。まず違法建築ではないことを調べる必要があります。違法建築を買ってしまうと将来の建て替えにも影響しますし、売却するにもできないという状況に陥ります。築年数が長くて図面などがない中古住宅などは、不動産に詳しい人間に調べてもらう方が安心できます。できれば平面図や立面図、矩形図や仕様書が揃っている物件を探すようにしてください。矩形図というのは外壁や内壁や断熱材の仕様がわかる図面のことです。一番わかりやすいのは、その物件に検査済証が交付されているかどうかを確認することです。検査済証があれば、建築物と敷地が建築基準法に適合していることになります。最近では耐震性が重要視されるので、古い物件の場合は専門家のチェックも必要です。目的の中古住宅が違法建築ではないとわかったら、次は建物の劣化状況をチェックしてください。中古の場合は居住中のことが多く、家具などもおいてあるのでチェックにも限界があります。だからといってチェックを疎かにすると、住んでから後悔することになりかねません。最低限、ドアやサッシや収納の扉などは動かしてください。スムーズに動かない場合は建物が傾いている可能性が考えられます。床下収納庫などには点検口がありますから、中に入って水漏れがないかどうかを調べてください。カビが発生していたり、変な匂いがする時は要注意です。また家具の裏や部屋のクロスなどに剥がれがある場合には、風通しが悪かったり、断熱材の施工に問題がある場合があります。そのような場合はカビが発生しやすいのでこれも要注意です。最後は建物の周囲を歩いてみて、基礎コンクリートと外壁にひびがないかどうか確認してください。小さなひびに修理の跡がある場合は要注意です。外壁は一年中太陽にさらされ、雨や風にさらされているので特に重要なチェック箇所です。基礎にシロアリの通り道があるかどうかも確認してください。以上のようなチェックで特に異常がなければ、優良な中古住宅といえます。